2017年07月02日

以心伝心

こんにちは!IPSコスメティックスのラジオを毎週聞いています。
また子供の話になってしまうのですが、お付き合いください。
先日主人がお休みだった日に急きょ仕事が入ってしまい、もともと家族で動物園に行く予定でお弁当の準備をしていたのですが、行くことができなくなってしまいました。仕事なのでしょうがない部分もあるのですが、私はとても楽しみにしていて、準備も事前に始めていただけに、なんだかとっても落胆してしまい、ため息ばかりついていました。そして、子供に「なんで今日にかぎって仕事なんだろうね、さみしいね。」なんて子供にグチをいってしまったのです。そんな悪気があったわけではないのですが、さらっと口からでてしまったこの言葉が娘の中では大きく残ってしまったようで、主人が仕事から帰ってくると、突然不機嫌になり、主人が娘の名前を呼んでも無反応、とても珍しいことでした。
主人も動物園にいけなかったことを申し訳なく思っていたので、子供の反応も仕方ないという感じでみていたのですが、どうしたのかなとお風呂で聞いてみてびっくりしてしまいました。なんと主人に対しての態度は「ママを悲しませたから」ということだったのです。
子供って本当に繊細なんだとその時感じ、必死にフォローし、お風呂から出たらいつも通りの仲良しさんに戻っていました。ちょっとした愚痴のつもりでしたが、彼女なり考えてママを悲しませるなんて許さない!と思ってくれたようです。とても優しい子に育ってくれたようにも思いましたが、変なことは言えないなと痛感した出来事でした。
posted by kanoko335 at 23:07| 日記 | 更新情報をチェックする