2017年08月08日

コスメティックのラジオを楽しみにしています

こんにちは!IPSコスメティックスのラジオを毎週聞いています。
ラジオを楽しみにしており、毎週豊富な話題に驚くと共に、会社の同僚や友人とその話題で盛り上がっています。最近最も盛り上がったのは、コスメティックのラジオで放送されていた初恋の人を探すことができるという探偵事務所のことでした。その探偵事務所では初恋の人を探すことを専門で行っており、これまでに数千人もの人たちの初恋の人を探し当てたという実績を誇っているということでした。そのような人探しを専門で行っているという探偵事務所が存在することに驚き、数千人もの人たちが実際に依頼をしているということにも驚きました。
私の初恋は小学5年生の時で、同じクラスの足の速い男子でした。性格はどちらかというと物静かな方で、クラスの中で決して目立つ存在ではありませんでしたが、足が速いということで運動会になるとクラスの主役になっていました。クラス対抗リレーの選抜にも選ばれ、アンカーの彼の活躍によって私たちのクラスは1位になりました。それでも彼は偉ぶることがなく、淡々とした表情がクールで、私にはとても素敵に見えました。卒業まで告白をすることはできず、卒業後は別々の中学に進学したため、それから一度も会うことはありませんでした。
今でも時々彼のことを思い出すことはあっても、探偵事務所へ依頼をして探そうという気持ちにはなりません。もしも小学生の頃とまるで別人のように変わっていたらと考えると、思い出は思い出のままとして、いつまでも大切に保管しておきたい気持ちがあります。私の周りの友人も同じ考えを持つ人ばかりで、初恋という子供の頃の思い出を大事にしておきたいと考えているようです。しかし、世の中には初恋の人を探したいと考える人がいて、実際に探偵事務所へ依頼をする人もいるという現実に、私は驚いてしまいました。もちろんそれは決して悪いことではなく、それぞれの考え方次第なので批判するような気持ちはありません。私はどこかで暮らしているあの時の彼を想像して、懐かしい気持ちに浸っているだけで十分です。
posted by kanoko335 at 23:32| 日記 | 更新情報をチェックする